contemporaryband

輝く人達を応援中。I'm supporting shining people.

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Hello Baby February 23, 2010 2/5

ジョンヒョンパパはかまどを暖炉として利用
オニュの突発クイズ

image_0400.jpg

オニュ「軍手の名前がなぜ軍手なのでしょうか?」
あっけなく
正解:手首(ソンモク)まではめるから
ジョンヒョン「本当?だから軍手って言うの?」
オニュ「僕がはめたら・・・」
そのとき
誤って落ちてしまった手袋
あせって 見た?
そのまま通り過ぎてしまうジョンヒョンパパ
ジョンヒョンパパが近づくと 押しのけます
あっという間に手袋すり替え成功
ジョンヒョン「軍手を最初にはめてからゴム手袋をはめるの?」
オニュ「そうだよ。寒くないでしょう」
一人だけ思い出し笑い
何も分からず
ジョンヒョン「何で笑ってるの?」
笑 笑 笑
疑って
ジョンヒョン「何で?」

image_0401.jpg

オニュ「(ジョンヒョナ、ごめん・・・)」
くんくん
ジョンヒョン「どんなにおいがするんだ・・」
超ウケています
ジョンヒョン「僕何で寒いんだろう。何で笑ってるの?」
オニュ「元々軍手だけはめていたら寒いんだよ」
ジョンヒョン「寒いよ。なんで寒いの?おかしいな」
ジョンヒョナ手冷たい?全部オニュのせいだから・・・
本格的な洗濯START
オニュ「なあ・・・はめられないよ」
ジョンヒョン「手術用手袋みたい」
一体ゴム手袋に何が 手術用手袋???

image_0402.jpg

ジョンヒョン「メス」
洗濯は私に任せろ!
オニュ「なあこれを見てよ」
メディカルバラエティ
ジョンヒョン「準備はいいか?」
オニュ「でははじめよう」
ジョンヒョン「今日の患者は」
今日の患者は? ユグンのインナー
ジョンヒョン「ひっくり返してください」
インナー(?)手術中
オニュ「気をつけてください」

image_0403.jpg
こわごわインナーを裏返します

オニュ「メス」
ジョンヒョン「これを使って。出血が」
大量出血? 緊急事態発生
オニュ「水だけじゃダメだよ」
洗濯はいつやるの?
結局手術中断
オニュ「早く終わらせよう」
ついに洗濯START
ジョンヒョン「洗濯板でやるから。兄さん腹筋見せて」
オニュ「え、なんで?」
急に腹筋とはなぜ?
ジョンヒョン「腹筋洗濯板」
オニュ「ダメダメ」
ジョンヒョン「オニュ兄、腹筋がすっごい洗濯板(みたい)じゃないか」
オニュ「違うよ~」
まさか腹筋初公開?!
オニュ「僕の腹筋?」
可愛い腹筋

image_0405.jpg

ジョンヒョン「だけどすごい寒い」
寒くてどこかに行ってしまうジョンヒョンパパ
洗濯してください!
オニュ「どうやって・・・」
ジョンヒョン「あ~あったかい」
オニュパパの洗濯テクニック
オニュ「洗剤を使えば、えっと・・・汚れを落とし漂白できます」
ジョンヒョン「オニュ兄、手を温めに来なよ。オニュ兄!」
オニュ「うん?」
ジョンヒョン「こっち来て手を・・・待って待って、すごいたくさんこぼれてるよ」
オニュ「あ゛~。水が水が」
大騒動
ジョンヒョン「なんで一人でそんなに慌ててるの?」
心配もしないの?
ジョンヒョン「何でそんな風に走り回ってるの?早く洗濯しないと」
全てにおいて平和なジョンヒョンパパ

診療室

image_0404.jpg

夫婦で来ました(嘘)

SHINee「こんにちは~」
にこにこ アイドルのお客さんなら歓迎よ
テミン「ユグニが28ヶ月でA型肝炎の予防接種を受けに来ました。合っていますか?」
先生「風邪を引いていたりのどが痛かったりすると予防接種を受けることができません」

image_0406.jpg

ミノ「あ~そうですか」
先生「はい。赤ちゃんが健康なときに予防接種を受けなければなりません。風邪を引いていたら数日待たないと」

image_0407.jpg

テミンがユグンの頭をなでなで^^

ミノ「パパがこれ脱がせようか」
先生「パパが脱がせて」
Key「これ見て。どうなってるか見てみようか。おお?」
病院が特別に用意したおもちゃ
テミン「目が丸くなってる」
完全に集中
ミノ「ちょっと座ろうね」
ユグニの診療はじめ
ミノ「これ、さっき見たやつだよ」
ユグニには慣れた病院ごっこ
Key「医者の先生がユグニの心臓音を聴いてるよ」
ミノ「ドゥグンドゥグン(ドキンドキン)・・・」
Key「さっき僕らがやったのをもう一回やる?」
二番目 体温チェック
Key「いい子だね~、ユグニ」
ミノ「ユグニよくやった」
最後に残った診察
先生「喉を見てみましょう」
Key「ユグニ、あ~」
力いっぱい
MinKey「ああいい子だね」
先生「少し風邪気味ですが予防接種は受けることができますよ」

image_0408.jpg

テミン「よかった」
う、うん・・・
先生「それで赤ちゃんが今日風邪・・・」
ガシャン!
壊れたおもちゃ
大略難堪(困った状態)
Key「ユグナ~」
ミノ「すみません」
どうしよう・・・
先生「いえ大丈夫よ」
Key「ユグナ、どうする?壊れちゃったよ。カエルのお友達が壊れちゃったよ。先生の前で壊したよ。どうする?」
ミノ「先生にごめんなさいって言わなきゃ」
Key「早く言わないと」

image_0409.jpg

ジョンヒョン「僕が考えるに・・・兄さんと僕は今年三災みたい」
オニュ「病院に着いていけばよかった」
ジョンヒョン「指が凍りそうだよ」
君たちが自ら招いたことだよ・・・
ジョンヒョン「注射し終わったかな」
オニュ「やっと片腕が終わったよ」
ジョンヒョン「はあ、どうする?ああ冷たい。風が強すぎるよ」
オニュ「すごい小さいよ」
オニュパパの特別措置
オニュ「涙でよく見えないよ」

image_0410.jpg

仲良し兄弟^^

お湯に手を浸して
オニュ「いいでしょ」ジョンヒョン「いいね」
オニュ「温まったでしょう」ジョンヒョン「温まった」
オニュ「はじめよう」
START
ジョンヒョン「洗濯機スタイル!洗濯機スタイルで回して」
オニュ「足に水かけないで」
ジョンヒョン「洗濯みたい。音がしたら同じだと思う」
本当?
洗濯機に変身(?)

image_0411.jpg

想像していた洗濯機が出来ました
SHINeeの洗濯機が購入できるのはここだけ!
輝くSHINeeスタイルの洗濯機の一番の特徴は100%手洗い
しかもやさしく仕上げるために棒で叩きます
360度の角度からすすぎます
時々失敗することもありますが、やり直せます
競争になるかもしれません
今すぐお電話ください

先生「打ったらステッカーあげるよ」
ミノ「ポロロだ~」
先生「どれが欲しいか考えておいてね」
ユグニが好きなキャラクターのステッカー
先生「わかった?」ミノ「はいって」
先生「左腕を出して」
Key「ユグニは本当に言うことをきくね。本当にいい子だね」

image_0412.jpg

鍵good job

ミノ「ユグナ、パパを見て」
予防接種をするためにユグニの気を引きます
その間に予防接種準備完了
ミノ「ユグナ、パパがステッカー貼ってあげるからね」
Key「パパがステッカー貼ってあげるからね」
ミノ「ポロロステッカー」
Key「どこに」ミノ「貼ろうか」
ついに
ユグニの予防接種は成功するのでしょうか・・・?
一回で成功
僕らの息子はすばらしい
Key「じゃあポロロステッカー貼ろう。どこに貼る、ユグニ?」
ミノ「ユグニ痛い、痛くない?」
ユグン「痛くない」
ミノ「痛くない。ああよくやった」Key「僕らの子供だ」

image_0413.jpg

oh~とってもうれしい
ミノ「服を着て」Key「腕を通して」ミノ「そうだ~」
Key「僕本当に緊張しました・・・」
テミン「痛くなかったんだね」

予防接種成功の鍵は?

テミン「一番はオニュ兄とジョンヒョン兄がいなかったことです。なぜかと言うと、同じレベルでいられないからです。年の差が大きいし大人だから」

image_0414.jpg

テミン「僕の場合は学生だからかどうか分からないけどレベルがマッチします」

image_0415.jpg

image_0416.jpg

テミン「だから泣かないだろうと分かっていましたよ」

image_0417.jpg

テミンのキャプが多いのは気のせいじゃないです(笑)

Key「髪を切る必要はないけど予防接種はしなくてはいけないじゃないですか。だから、何て言うんだろう、ずっと心配していましたけど心配していたことは何も起きませんでした。言うことを聴いていたし。エースパパが2人いたからじゃないですか」

image_0418.jpg

Key「(小声)テミニは抜いて」

image_0419.jpg

冗談ですよ

無事に予防接種を終えたSHINee家族
ミノ「よくやった」
身軽な心で家へGO!
テミン「ありがとうございます」ミノ「ありがとうございます。さようなら」
Key「赤ちゃんにアンニョンって」
ミノ「ユグナ、本当によくやったね」
テミン「よくやった」
わ~!

~そのころ~
image_0420.jpg

この二人は…(笑)

ジョンヒョン「洗濯して洗濯をずっと絞ってカッコいいパパになるために生まれかわるの♪」
(女性時代の替え歌)
オニュ「パパに生まれ変わるって変だね」
ジョンヒョン「元々パパだよね」
相変わらず洗濯コント中
ジョンヒョン「I’m your father」
オニュ「僕ら何回すすいだの?」
ジョンヒョン「もう脱水した」
オニュ「振らないと」
ジョンヒョン「もう着れるよ」
すべての力を込めてぎゅ~

久々Hello Baby…。
もう番組は終了していますがおさらい的にご覧になっていただけたら^^
スポンサーサイト

| Hello Baby | 11:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Hello Baby February 23, 2010 1/5



ユグニのために準備しました
ショッキングな場面続出
他では見られません
現代風に再解釈した SHINeeパパのコンテンポラリー春香伝
涙なしでは見られません
フリースタイル
お芝居からかけ離れたSHINeeの春香伝
そしてテレビ局へのお出掛け第2弾
ソシママから愛情を受けます
やっぱりベテランのソシママからSHINeeパパは学ぶことがたくさんありますね
ジョンミンおじさんがたくさん心配してくれたり
ユグニと同じ目線のSuper Junior兄さんに会ったり
豚おじさん(笑)ホドンおじさんと楽しい時間を過ごしたりしました

ついに、Keyパパが戻ってきました
ユグニのモーニングサービス
いつも騒がしいSHINee家族
今日は何が起きるのでしょうか・・・?
これから始まります

~2月のある日~

image_0379.jpg

今日も騒がしいSHINee家族
芸を披露しているの?
ミノ「おお~強いね、強いね」
テミン「速くて見えない」
ユグン「(パパ面白いね)」

image_0380.jpg

自由すぎる(笑)

オニュ&ジョンヒョン→チュノ(推奴)(?)撮影現場
テミン→一人で何をやっているの?

image_0381.jpg

何を調べているのでしょうか?
予防接種表
image_0382.jpg

image_0383.jpg

テミン「兄さん、ユグニは何ヶ月?」
ミノ「ユグニは28ヶ月」
テミン「28ヶ月なら調度今ですね」
テミンパパが調査した結果
テミン「12ヶ月から36ヶ月の間にA型肝炎の予防接種を受けるのが正しいです」
ジョンヒョン「何の?」テミン「A型の」ジョンヒョン「A型の?」テミン「うん」
ジョンヒョン「何ヶ月?」テミン「12ヶ月から36ヶ月」
ジョンヒョン「テミン、何ヶ月だ?」
SHINeeパパたちは何ヶ月?
ジョンヒョン「僕は250ヶ月」

image_0384.jpg

image_0385.jpg

テミン「僕は200何ヶ月ですね」
今200ヶ月目ですよ~(数えた・笑)。
ジョンヒョン「遅すぎない?」
ミノ「ユグナ、注射打ったことある?」ユグン「ない」
ミノ「無いの?」

image_0386.jpg

ジョンヒョン「嘘つくなよ。ユグナ」
ミノ&ジョンヒョン「ユグニ~」
ジョンヒョン「お前嘘つくと表情が変わったよ。注射打ったことある?無い?打ったことある?」
目を合わせません
テミン「打つのは楽しいから打ちに行こう」
予防接種のために説得中
ジョンヒョン「ユグナ、注射打ちに行こうか?」
ユグン「イヤだ」

image_0387.jpg

ミノ「僕ら美容室のときみたいに失敗するんじゃないの?」
オニュ「連れて行くなよ」
ジョンヒョン「僕を連れて行くな。絶対行かないから」
オニュ「絶対行かない」
美容室での苦い思い出
ユグニのヘアスタイルを変えることに初挑戦
あらゆる方法を総動員
しかし
ヘアスタイルを変えること‐大失敗

Key「病院に行くって言わないで」
ジョンヒョン「それじゃあ、ユグニとみんなは(小声で)病院に行って~」
Key「違う違う違う。病院に行かないよ」
ジョンヒョン「僕とオニュ兄さんは掃除するよ。家の掃除」
オニュ「(何でそんなこと言うんだ!)」
ジョンヒョン「(小声で)掃除(じゃなくて)ゆっくり過ごせばいいでしょう」
にっこり
ジョンヒョン「掃除するから。お前たちはユグニと一緒に(小声で)病院に行きます」

ジョンヒョン「(小声で)注射を打つ。A型肝炎の」
ミノ「ジョンヒョン兄」
ジョンヒョン「(小声で)早く注射を打ってくれ」
Key「子供相手に何でそんなことしてるの?」
オニュ&ジョンヒョンパパの邪魔工作
ミノ「静かにしてってば」
このように予防接種は失敗してしまうの・・・?!

image_0388.jpg

オニュ「ユグニ、すっごい痛いよ」
(オニュのポーズ何ですか(笑))

ミノ「ユグニ行こう」←キレてる?・笑

image_0389.jpg

Key「ユグニ、ジャング(クレヨンしんちゃん)探しに行こう」
しかしKeyパパの一言で
ユグン「うん」
すぐにOK
テミン「ジャング探しに行く?」
Key「パパたちと、Keyパパとジャング探しに行こう」
ジョンヒョン「(そんな簡単に行くの?)」
Key「Keyパパと~」
SHINeeパパとの外出に ユグニはニコニコ
ユグン「ジャングが~」←ラッパー調で・笑
予防接種(成功)の可能性UP
オニュ「気分のいいうちに行って、はやく」←なんだかんだ優しい
外出準備完了
ミノ「ジャングを探しに行こう。行こう!」
Key「ジャングを探しに行こう」
ミノ「アンニョ~ンって」
オニュ「アンニョン、来年ね!」
ミノ「パパ、アンニョンって」
ユグン「パパ、アンノン」
ユグンがアンニョ~ンって言えなくてアンノ~ンって言うの+それを真似するSHINeeたち可愛すぎる^^
ジョンヒョン「(注射するんだよ)」
Key「違うでしょ~」

image_0390.jpg

ミノの目が笑っていない件(笑)

ミノ「アンノン、パパ」
ジョンヒョン「大きくなるために打たないとね」
ユグナ 元気でいってらっしゃい
オニュ「背高くなるよ」

予防接種成功するでしょうか?

image_0391.jpg

image_0392.jpg

こんなこと↓言う人にはこのキャプですからね(笑)

オニュ「今回病院に行くのは注射を打つためではなくてただ泣きに行ったんですよ。どうすることも出来ません。完全に失敗ですよ」

予防接種チーム開始
Key「ジャング探しに行こう」
SHINee家族は病院に向かっています
テミン「それから、僕が準備したものがあります」
Key「何?」
テミン「ユグニが注射を怖がると思って」
注射遊び(お医者さんごっことでも言いましょうか)
ミノ「お、ユグニこれ何だ?」
Key「テミンパパお腹が痛いって」
ミノが注射したら
テミン「あ~、全然痛くないよ」
ミノ「ユグニやってみよう」ユグン「イヤ」ミノ「イヤ?」
Key「違うよユグニ。パパがやってあげる。痛くないでしょ?」
ユグン「痛くない」

image_0393.jpg

お医者さんごっこtip
赤ちゃんが病院に慣れるようにすれば、不安に思っていた赤ちゃんでも予防接種を簡単に受けさせることが出来ます

ミノ「うん、痛くないね。不思議だね」
聴診器でも遊びます
テミン「僕が本当に不思議」

image_0394.jpg

Key「笑」
ミノ「テミニが不思議だって?」
天真爛漫

一方
ユグンが行ってしまった悲しみのセレナーデ(?)
オニュ「baby you’re」ジョンヒョン「gone」
オニュ&ジョンヒョン「あ~何もすることがない」
退屈で・・・
ジョンヒョン「何か面白いことしたいね」
くるっ
ジョンヒョン「落書きしようか。落書きしよう」
まさか ここ?
ジョンヒョン「落書きしよう」
オニュ「人生は一度きり」
最初のターゲットは?
オニュ「灰色のヒゲ♪」
炎のカリスマミノが選ばれました
ジョンヒョン「あ~ゴメンね・・・まあいっか」
う~んダメだと思うけど・・・

image_0395.jpg

image_0396.jpg

笑 笑 笑

ジョンヒョン「ミノ・・・表情見てよ。似合ってるね。ミノかっこいい」
ミノ・・・やれって言ってないですよ
ジョンヒョン「ミノ、ソーリー。」
仕上げのポイント(?)
落書き後のミノはどんな感じに見える?
オニュ「ミノはこういうのすぐ気づくタイプだから隣に立ったら分かるよ」
ジョンヒョン「何だって」
屏風オープン(笑)
ミノごめん
2番目の犠牲者は?
ジョンヒョン「ミノにしよう」

なぜミノだけ落書きしたの?

image_0397.jpg

ジョンヒョン「単純だから。すぐにミノが目に付いたから。それにミノはとってもかっこいいから落書きしても僕らの中で一番かっこいいと思ったけどかっこよくなかったです」

その頃予防接種チームは・・・
ユグニが来たよ~
Key「行こう」
ユグンは予防接種を受けることが出来るのでしょうか?
ついに病院に到着
Key「ユグニ、こんにちはって言いなさい」
ユグン「こんにちは」Key&テミン「こんにちは」
Key「ちょっと名前を書かせてね」
Key&テミンパパがA型肝炎の予防接種の申し込み

image_0398.jpg

テミン「A型肝炎の・・・」
ミノ「ここに立って。ここ、ここ・・・」
ミノパパがユグンの身長を測ります
ミノ「後ろ向きになってくださ~い。なあユグナ。お前背が140cm以下だよ。背測れないよ」
ユグン衝撃 身長測定不可

image_0399.jpg

育児tip
予防接種の時は育児予防接種カードを必ず持って行きます

テミン「ユグニはこれより小さいの?」
ミノ「ああ」
未練を捨てることができないユグン
ミノ「待っていられる?」
信じられない現実
ミノ「あっちに行って遊ぼう」

家でオニュ&ジョンヒョンパパがすべきこと!
火を起こす 食器洗い 洗濯
オニュ「このシミは何だろう?」
ジョンヒョン「コーヒーこぼしたんでしょ。ユグニが最近アメリーカーノ飲んでるから」
まず初めにすべきこと:火を起こす
オニュ「強く」
熱心 熱心
オニュ&ジョンヒョンは火をおこす名人ですね
2番目にすべきこと:食器洗い
オニュ「全部お椀と茶碗だ」
ジョンヒョン「兄さん、(水)出てきました?」
オニュ「水?」ジョンヒョン「うん」
オニュ「ああ、ちゃんと出てきてるよ。こっち来てみて」
水温状態は?
オニュ「温かい?」
ジョンヒョン「温かいけど?」
オニュ「温かい?」ジョンヒョン「うん」
再び確認
オニュ「おい」
だまされたの?
完全に冷水
オニュ「寒いので」
寒くてゴム手袋を着用します
オニュ「あ、軍手もあった」
ジョンヒョン「本当?」

| Hello Baby | 02:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Hello Baby February 17, 2010 5/5



ミノ「どこに行く、ユグナ?」
驚いたのを落ち着くために外に出たいユグン
ミノ「外に出るの?でもパパは寒いよ。パパはタンクトップだから。それでも外に出る?」
ユグン「うん」
ミノ「それでも出る?分かった、外に出よう。でも戻って収録に行かなきゃいけないからね」

image_0362.jpg

アンチュウォ?のチュの口(笑)

ミノ「わ~寒い。外に出たよ~。寒くない?」
いつもユグンの心配をするミノパパ
ミノ「寒くない」
ユグン「うん」
ミノ「パパは寒いんだけど?」
不利なときは返事をしないユグン
ミノ「涼しいね、ユグニ」
外に出て気分が良くなりました
ミノパパの回転木馬でニコニコ
ミノ「寒いから中に入ろう。いいね?」

テミン「(ユグナ泣かないでちょっと待っててね)」
ユグン「(パパたち、ファイティン)」
収録に戻ったパパたち
ユグン「うわ」
一人でおとなしく待つ 立派な息子、ユグン
後でまた会おうね~

image_0363.jpg


~翌朝~
ぐっすり眠るSHINeeパパたち

image_0364.jpg

ユグンは一人起きています
ユグン「皆寝てるね~」
いつまで寝ているつもりですか
Key「出てくるのじゃ~」
ユグン「来た!」
すぐに駆けつけるユグン
Key「何でこんなに静かなんだ?ユグナ、アンニョン」
最高に劇的!?な再会
もしかしてKeyパパが単独主演?  まさか
Key「ユグナ、パパに会いたかった?」

image_0365.jpg

image_0366.jpg

無言で(頬を)撫でる(笑)
Key「パパに会いたかった?」
また確認する
Key「Keyパパに会いたかった?」ユグン「うん」
Key「どれくらい?」ユグン「これくらい」Key「これくらい」
空くらい地くらい

image_0367.jpg

Key「万年2位のパパ、ミノパパから起こそう。ミノパパ起きて~」
Keyパパが来たことも知らずぐ~ぐ~
Key「パパ起きて~って言って」
ユグン「起きて」
ユグンの愛嬌のおかげで起きました

image_0368.jpg

ミノ「ユグニ起きてって言ったね。ユグニ~、キボミ~」
ミノパパが起きてすぐにすることは?
ミノ「ユグニ、パパにポッポ」

image_0369.jpg

ユグニとモーニングキス
ミノ「ハイタッチ」
モーニングハイタッチ(笑)
Key「さあ他のパパ」
次はジョンヒョンパパ
ユグン「パパ起きて~」
Key「パパ起きてって言って」

image_0370.jpg

ジョンヒョン&ユグン越しのテミン(笑)

ジョンヒョン「(ユグナもうちょっと眠ろう)」
Key「ダメだよ~」
ジョンヒョン「すくすくすくすく。もっと背が大きくならないとね」

image_0371.jpg

ミノ爆笑
ぎゅっ
ジョンヒョン「踏まれた(笑)」
Key「(あまりに眠っているから)オニュ兄」
ユグン「ジョンヒョニパパ?」
違うよ!テミンパパ
足で起こします
Key「起きてって」ユグン「起きて」Key「早く起きて」

image_0372.jpg

テミンパパともモーニングキス
Key「23歳?22歳か。パパを起こそう、叩いて」
最後は最高齢(笑)のオニュパパ
ユグン「起きて(上手にできたでしょう?)」
ミノ「オニュパパも起きたからね」
SHINee家族全員起きました!
ユグン「(パパたちを起こすのは大変)」
テミン「僕たちはやっぱり」
って言いかけてKeyに遮られてしまいました。何が言いたかったのか気になる(笑)
Key「ユグナ」
(ユグンと)一緒にいる朝がすっごく楽しいKeyパパ
気分UP
ドンッ
ミノ「おい」Key「わ~」ジョンヒョン「ユグナ、ユグナ」
びっくりしたSHINeeパパたち
ユグナ、大丈夫?
Key「ユグナ痛い?」
ミノ「ユグナこれ何本?」
Key「ディンディンディンディン・・・・」
驚いたユグンをあやすKeyパパ
ユグン「一つ」
Key「大丈夫だね」
ジョンヒョン「(これがいくつ?)」

image_0373.jpg

オニュ「(何だって?)」
Key「ユグナ」

ジョンヒョン「このパパは誰?この人は誰?」
突然クイズ!パパの名前を当てましょう
Key「ユグナ、パパは誰?パパの名前は何?」
ユグン「ジョンヒョニパパ」
挫折

image_0376.jpg

image_0377.jpg

ミノの膝枕で寝るオニュ発見!
オニュが「朝からなんとかかんとか(分かりません)」って言ってるし。

ジョンヒョン「ジョンヒョニパパ」
まさか・・・さっきので?
Key「ユグナ、(自分を指差して)このパパは誰?」
ユグン「Keyパパ」
Key「あ~~」
そんなに良いの?
オニュ「(疲れて)寝ろ・・ちょっと・・」
ミノ「Keyパパがいない旧正月は楽しかったよね?」
無視するユグン
Key「ユグナ、Keyパパに会いたかった?」
Keyパパの復讐?オニュパパを踏む
ユグンの世界
テミン「ユグンはこっそり僕らを叩くみたいです」
ジョンヒョン「捕まえた~」
Key「ユグナ、Keyパパに会いたかった?」
今日に限って山ほどのユグン
ジョンヒョン「ユグナ、ユグナ?動かないで」
ジョンヒョンパパの劇薬処方
ジョンヒョン「じゃあ瞑想の時間」
Key「手は必ずこんなで」
ジョンヒョン「瞑想の時間。目瞑って、ユグナ目瞑って」
4歳児にできますか?
ジョンヒョン「イヤ?」

image_0374.jpg

image_0375.jpg

テミン「わ~~」
4歳の目線では この手のいたずらが最高!
ミノ「僕ら久しぶりに集まったね」
久しぶりに皆集まったSHINee家族
ミノ「うれしいでしょ?」Key「これくらいうれしい?」
ユグン「うん」
ミノ「これくらいって僕がやってるんだけどね。わ~ユグニこんなにうれしいんだ。ユグニ可愛いポーズ」
これから何がおきるのでしょうか?

SHINeeのコンテンポラリー童話劇場 春香伝
封切間近
南原村に、美しい娘チュニャンが暮らしておりました。
ミノ「あの女性は誰だ?」
ジョンヒョン「チュニャンと言います」
ミノ「今晩一緒に過ごしたいのだ」
チュニャンを連れに行った召使い
ジョンヒョン「あっちのテーブルに一緒に行こう」
テミン「私は高い女よ」
ミノ「連れて来い」
テミン「イヤ~」
召使いにむりやり連れて来られます
一目惚れのモンリョン&チュニャン
チュニャンとモンリョンの愛は深く深くなっていきます
オニュ「いいぞ!」
ミノ「愛しています」
二人は将来を約束した関係になります
そうしたある日・・・
ミノ「言いたいことがある」
テミン「まあ!」
イ・モンリョンは父を追って漢陽に行かなければなりません
ミノ「ソウルに行かなければ。チュニャン、すぐに戻るから」
テミン「まあ」
ミノ「この扇子を持っていてください」
テミン「行ってはなりません」
涙無しに見られないジ~ンとするお別れです
その日以来
一人きりのチュニャンは泣きながらモンリョンを待ちます
テミン「モンリョン様~」
無情なモンリョンからの便りは一度もありません
そのころ南原では・・・
ひどい性格のビョン・ハクトは府使として赴任してきました
ビョン府使はチュニャンの噂を聞いて
オニュ「チュニャンを連れて来て、チュニャン」
ジョンヒョン「チュニャンチュニャン・・・」
そのようにチュンヤンは強制的にビョン府使の前に連れて来られました
ビョン府使は一目見てチュニャンに惚れました
オニュ「一夜を共にしてくれ」
テミン「イヤよ」オニュ「何で?」
テミン「それなら私を殺してください」
オニュ「なあ」ジョンヒョン「はい」
オニュ「チュニャンにヘッドロックとニーキックしろ」
ビョン府使は一夜を共にすることを断ったチュニャンをひどい拷問にあわせます
テミン「モンリョン様~。私が来てって言ってるんだから早く来て」
寝ても覚めてもモンリョンを待ちます
ジョンヒョン「暗行御史の出道だ」
その時、漢陽に行ったモンリョンが暗行御史として戻ってきました
ミノ「暗行御史参上。跪きなさい」
モンリョンはビョン府使を懲らしめます
オニュ「はい」
ミノ「チュニャン、長い間待たせてすまない」
ジョンヒョン「ダンスを」
ミノ「sorry sorry sorry sorry・・・」
チュニャンに過去の苦労に対して許しを請う
チュニャンとモンリョンはもう一度互いの愛を確かめて、悪いビョン府使を許しました
これが「SHINee」誕生伝説の秘話です
♪Ring Ding Dong♪
ジョンヒョン「春香伝」SHINee「おしまい」

~次週~
ユグンが予防接種する日!
すごく怖がるユグン
かろうじて病院に行く前に宥めることに成功!
そしてすんなり病院に到着
しかし突然泣き出したユグニ
果たしてパパたちはユグンに予防接種させることができるのでしょうか?
そのころ、家事をするオニュ&ジョンヒョンパパはユグンのために一生懸命働きます
息のあった二人のパパ
ところが、兄さんを押しのけたり、弟にスコップを振り回したり
申し訳ありません
どんな状況で跪いて国民に謝罪することになったのでしょうか?
来週明らかになります

質問:本当は子供好きだと聞いたのですが・・・
ジョンヒョン「電話がたくさんありました。友達から、子供好きじゃないの?って。僕が好きなのは女の子で男の子はあんまり好きじゃありません。女の子が好きなんです」

ジェシカのところに走っていくユグン
ジェシカ「ユグナおならした?ユグナ、姉さんの名前は何?」
最高のアイドル少女時代の前でおなら?
まさか・・・
ジェシカ「におうみたい」

テミンパパのチェギチャギの腕前は?

image_0378.jpg

テミン「チェギチャギの腕前を披露しましょうか?おお」
一回?
テミン「出来ませんでした。面白くない?」

春香伝は以前とほぼ同じなのでキャプ省略!(単に面倒なだけ・笑)
5話おしまい~。

| Hello Baby | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Hello Baby February 17, 2010 4/5



ジェシカ「ポッポ」 してくれるのでしょうか?
ユグン「コワイ」
ヒョヨン「怖いの?」
ジェシカ「いつ会えるか分からないんだよ。バイバイしなきゃいけないんだよ」
ユグンを説得します
ヒョヨン「ママはどこにいる?」
ユグン「ママは~」
しかしユグンは逃げます
ジェシカ「そんな風に行っちゃうの?・・・本当に軽い男だ(?)」
ジェシカ&ヒョヨン「バイバ~イ」ジェシカ舌打ちした? 
ジェシカママ怒っちゃった?

カン・ホドン「ユグナ、どこいくの?」
誰?
ドドンッ(あれこれってダジャレ?)
カン・ホドン「ユグナ、どこいくの?」
お!国民的MCカン・ホドン
う~ん・・・
カン・ホドン「テレビで見たことあるでしょ?パパを探してるの?」
ミノ「ユグナ~」
カン・ホドン「パパは誰だ?」
ミノ「僕がパパです」
見つけた!ミノパパ~
ミノ「ユグナ、ミノパパ」
カン・ホドン「なあ、本当の息子だといっても信じるよ」

image_0346.jpg

関係ないですがさっきからサブリミナルのようにイトゥクがうろうろ(笑)

ミノ「似ているでしょう」
カン・ホドン「ああ。おいでおいで」
ミノ「ユグナ行きな」
カン・ホドン「抱っこするよ」
ミノ「おじさんに抱っこしてもらいなさい。一回だけでも」
カン・ホドン「一回一回。楽しいよ。名前は何?」
ミノ「ユグニです」
カン・ホドン「ユグナ~。どこのユグナかな?(名字は?)」
ミノ「チョン・ユグンです」
カン・ホドン「チョン・ユグンて言うんだね。おじさんの名前は何?」
ユグン「豚おじさん」笑
カン・ホドン「豚おじさん(爆笑)」
笑ってるけど笑えない
カン・ホドン「豚おじさんなの?違うよ、ホドンイおじさんでしょう?」
ミノ「ホドンイおじさんって」
カン・ホドン「わかった。おじさんを見て。おじさんの顔を見て。パパの顔が大きい?おじさんの顔が大きい?」
おじさん、本当に・・・
カン・ホドン「おじさんの顔大きい小さい?そっと教えて。小さい。そうでしょう。ユグニは大きくなったら何になりたい?まだしゃべれない?」
ミノ「まだしゃべれません」
ユグンと深い(?)会話をしたい
カン・ホドン「何ヶ月?」ミノ「28ヶ月です」
カン・ホドン「おじさんが・・・」ミノ「面白いことしてくれるって」
カン・ホドン「ジェットコースターしてあげるよ。危ないかも」
代わりにボディランゲージで

image_0347.jpg

カン・ホドン「ユグナ、パパみたいに大きくなるんだよ。ユグナ、ファイティン」
ミノ「パパにポッポ」
カン・ホドン「ユグニ、ハイタッチ。おじさんを見て。あっちじゃなくて。ハイタッチ」
2回目で成功
カン・ホドン「ポッポ」
成功するでしょうか
ほっぺにチュ~はOK
あっ騙された
カン・ホドン「あ~可愛いね」
口にポッポすることに成功
ミノ「おじさんにバイバイって」
カン・ホドン「バイバイ。ホドンイおじさんだよ。豚おじさんじゃないよ」

image_0348.jpg

ミノ「話しませんね」
カン・ホドン「豚おじさんなの?そう。二人とも本当に似てるね」
ミノ「ユグナ、パパが抱っこするよ」
4歳のユグンは好奇心一杯です
カン・ホドン「ユグナ、ユグニバイバイ」
ミノ「ユグナ」

image_0349.jpg

カン・ホドン「豚おじさんが行っちゃうよ」
ミノ「ユグナ、バイバイって」
バイバイを言うのが寂しくて・・・
カン・ホドン「急に仲良くなれたね。ミノちゃんと育てるんだぞ。ユグナご飯たくさん食べて大きくなってミノパパみたいになるんだよ」
ミノ「はい、はいって」
カン・ホドン「よし。最後のハイタッチ。一回ここを叩くんだよ。1、2、3」
代わりに拍手
ミノ「(パパとたくさんやったじゃないか)こんな感じで」
カン・ホドン「せ~の。そうだ。ファイティン」
ミノ「おじさんにバイバイって。バイバイ。さようなら」

急に現れたジェシカママ
ジェシカ「ユグナ、やっておきたいことがある。ユグナ、ポッポ」
ユグン「Keyパパはここにいるでしょ?」
ジェシカ「しゃべれるの?」
ミノ「話せるよ。ミノパパ。ミノパパって言って」
ユグン「ミノパパ」
ミノ「いつもは女性好きじゃないのに」
ジェシカ「わあ!ポッポしたね」
ミノ「ポッポしちゃだめだよ」
ジェシカ「ああ可愛いね」
ミノ「だめなんですけど・・・」
ジェシカ「何でだめなの?」
ホドンイおじさんと少し前にポッポして、その後にジェシカママと・・・
ミノ「ユグニはこんな軽い男じゃないですよ」
ジェシカ「私とだからいいの。でしょ?」
知らないほうがいいですね

ついにミノパパとの時間
ミノ「ユグニ、階段上手に上がれる?上手に上がれる?やってみようか」
ユグン「うん」
ミノ「よし。ここから上がってみよう。パパと手つないでね。いくよ、1、2、3、4。1、1、お~ユグニ1、1・・・」

image_0350.jpg

ユグンが一人で階段を上ることができてうれしそう
ミノ「もう一歩。お~ユグニ」

窓の敷居に上って
ミノ「上がった~」
(さりげなくミノが手伝っていますね^^)
ユグン「ハ~」
ミノ「ユグニここにハ~ってして」
窓に落書きする方法を伝授
ミノ「ここに描けばいいよ」
ユグン「ハ~ハ~ハ~」
笑 可愛い^^
ミノ「ああ可愛いね」
ユグン「僕は赤ちゃんだよ」

image_0351.jpg

ミノ「僕は赤ちゃん?ユグンは赤ちゃんでしょ。小さいからね。ユグナこれ知ってる?パパが面白いもの見せてあげる。ハ~」

image_0352.jpg

横顔がセクシー(笑)

ミノ「ユグニのあしあ~と」
ミノパパの真似をしてあしあとを描こうとしますがうまくいきません

ミノ「ジャンプしたいの?」
ユグン「うん」
ミノ「(ユグンの頭が天井に当たって)ああ」
ユグン「ふふふ」
ミノ「打っちゃった」
大丈夫?
ミノ「ちょっと痛いから。1、2、3、ジャンプ~。バ~ン。おおユグニ上手だね~」
パワーレンジャーがいた(笑)
まだ言葉の壁があるようです

ミノ「アンニョ~ン。アンニョ~ンって」
ユグン「アンニョン」
きゃ~
ミノ「ユグニ人気があるね」
ファンサービスで手を振り続けるユグン(笑)
たくさんの人がユグンに気づきます

image_0353.jpg

下界を見下ろす(笑)

ミノ「アンニョン、子供たちアンニョン」
ユグン「子供アンニョン」
ミノ「子供じゃないでしょ兄さんでしょ。兄さんアンニョンって言いなさい」
答えません
ミノ「何だよ。子供なの?」
ユグン「子供だ」
ミノ「子供じゃないでしょ。お前より年上だから兄さんでしょ。分かった分からない?」
ユグン「嫌だ」
ミノ「嫌?言うこと聞かないの?聞かないんだったら、わ~~」
叱ってるの?遊んでるの?
ユグン「べ~」

image_0354.jpg

ユグンの可愛さにメロメロ
ミノ「兄さんアンニョンって」
ユグン「アンニョン。Only You」

そのころ

image_0355.jpg

image_0356.jpg

image_0357.jpg


ほかのテレビ局でオニュ、Key、ジョンヒョンパパは一生懸命働いていました・・・

テミンパパは最後の収録の準備をしています

image_0358.jpg

このテミン、人形みたい

ミノパパも行かなければなりません
ミノ「パパ行かないと。マイク付けないと。行くからユグナ。行くよ~。バイバイ」
スタッフ「ミノヤ~、撮影が始まるよ」ミノ「はい」
足が進みません
ミノ「行くからね、ユグナ。アンニョン」
聞こえないフリ
ミノ「何?行っちゃいけない?ユグナ」
ミノパパの手を取って連れて行きます
ミノ「ユグナ、パパ行かないと」
聞こえないフリをし続けます
ミノ「ユグナ、行くよパパ。ユグナ、アンニョン」
ユグン「早く来て」
作家姉さん「ユグナおいで。(ミノに)行ってください」
ミノ「はい。さようなら。ユグナ、アンニョン」
最終手段 無理やり別れさせる
作家姉さん「あとでパパに会おうね」
ミノ「パパにポッポ。ダメ?」
完全に困惑

image_0359.jpg

少し見にくいですが、ミノの切ない表情(T_T)

ミノ「(ユグナちょっと待っていてね。すぐに戻るから)」
泣きそう
ユグン「(パパ行かないで。僕も行かせてよ)」
どうしようもない状況
ユグンが泣いたから、ミノパパは撮影を中断して戻ってきました
ミノ「外行こう、外行こう。パパと外行こう」
びっくりしてしまったのでしょうね
ミノ「ユグニ外に来たよ。どこ?どこに行くの?外に行きたいの?」

image_0360.jpg

大泣きのユグン

ユグン「(パパ、もう一人にしないで)」
ミノ「どこに行くの?こっち?」
このようにして5分が経過

| Hello Baby | 16:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Hello Baby February 17, 2010 3/5




image_0327.jpg

テミン「皆同じことを思うと思いますが。僕の考えでは、僕の言うことを一番聴きますよ」
ユリ「え~本当?」
ソヒョン「テミンの方に行きたがらないけど?」
テミン「ユグナ、おいで」
無視

image_0328.jpg

すねるテミン(笑)

スヨン「テミンは少女時代のティファニー的存在なんじゃないの?」
ユリ「誰の言うことを一番聴くの?正直に」
テミン「実は・・・誰の言うことも聴きません」
ソヒョン「(キョンサンと)同じだね」
ユグンと仲良くなったソシママ
テミン「ユグニが愛嬌が多い気がします。声がいつもと違います。(小声で)やっぱりユグニも男だな」
僕らのユグンが変わった

リハーサルから戻ったミノパパ
ミノ「ユグナ~、パパが来たよ~」
ユリ「ちょっと!」
すぐにミノパパの元へ・・・
ミノ「もちろんすぐに来るでしょ」

image_0329.jpg

僕らの愛(?)は永遠・・・


SHINeeパパと少女時代ママが集まって・・・

image_0330.jpg

テミン「お姉さんにこれあげよう
テヨンママにお菓子をあげるユグン
テヨン「ありがとう~」

image_0331.jpg

テミンがへへ~って笑っています^^

急にチキンと登場したミノパパ
ユグン「Keyパパ、Keyパパ」
ミノ「ミノパパ、ミノパパだよ」
ユグンが見たのは?
広告写真の中のKeyパパ
餅の代わりにチキンを配達
他の出演者たちにも配ります

テヨン「個人技何かある?」
テミン「可愛いポーズ。ユグナ可愛いポーズ」
テヨン「ああ~可愛いね~」
といったものの、リアクション無しのユグン
ミノ「おいユグナ」
テヨン「可愛い・・ね」
サニーママが来ました
テミン「(テヨン)姉さんにも」
サニー「この子が育ててる赤ちゃん?」
ミノ「はい。(サニー)姉さんが来ましたね。姉さんがベストママじゃないですか?」

image_0332.jpg

サニー「そうだよ。2回もなったよ。(ユグンに)ちょうだい」
ベストママにお菓子をあげたいユグン
テヨン「投げちゃえ」

image_0333.jpg

本当に投げた
すっごく唐突でびっくり
サニー「よく言うことを聴くね~。でも届かなかった」
ミノ「お姉さんにこれ投げちゃいけないよ、分かった?」
サニー「悪いことを教えるなんて」
ミノ「ソヒョナ、ユグニが可愛い?キョンサンニが可愛い?」
ソヒョン「キョンサンニでしょ」
サニー「当たり前でしょ。自分の子供が可愛いか他の子供が可愛いか。もちろん自分の子供でしょ」
テミン「僕はキョンサンニが可愛いと思う」
ミノ「何だって?」

image_0334.jpg

ごめんユグン テレビ的に面白くしようとして

ミノ「ユグニが好きなお姉さんに飴をあげて」
テミン「好きなお姉さんに」

image_0335.jpg

果たしてユグンの選択は?
ソヨンママを選びました
ミノ「横にいたからでしょ」
すぐに懲らしめるスヨンママ
スヨン「私に開けて欲しいの?」
ユグン「うん」
ミノ「そうだって」
スヨンママと一緒に食べたいユグン
ユグンが一口食べて スヨンママが一口食べて
これはキャンディーキス(?)

image_0336.jpg

テミン「(ユグンも男だな)」
スヨン「何?」
キャンディーを食べてよだれがでてしまったユグン
サニー「ティッシュ無いの?パパのくせにティッシュも持ってないの?ハンカチも?」
ミノ「手で拭きますから」
サニー「自分の手で(どうやって)?」

image_0338.jpg

(テミンが可愛かったから載せただけのキャプ(笑))

間違った行動
テヨン「食べ物、ハンカチ、ウェットティッシュとかが入ってるカバンを持ってなきゃ」
テヨンママの子育てアドバイス
SHINeeパパ肝に銘じてください
ミノ「一人だけママにするとしたら、どのお姉さんがいい?」
サニー「あなたたちと一緒に?じゃあ私が行くよ。ベストママだから」
テヨン「(世話する)機会が無かったから。もしやるんだったら上手くできるよ」
少女時代「ユグナバイバ~イ」

テミン「どこにいくの?お、兄さんこんにちは」
ミノ「こんにちは」
偶然出会ったキム・ジョンミン
さっきチキン渡してたじゃない(笑)
テミン「僕らが育てている赤ちゃんです。5人で育てているんです」
ジョンミン「お前(テミン)が育ててるの?正直言って誰の子供だ?」
テミン「ミノ兄の子です」
ジョンミン「どっちにしても似てるね~」

image_0339.jpg

ミノ「ユグン、アンニョ~ンって」
ユグン「アンニョ~ン(タメ口)」
ジョンミン「おい俺の友達か。すごく可愛いね~」
テミン「ユグニに新年の덕담/徳談(旧正月に主に家長が幸せや成功を祈る言葉を送ること)を一言お願いします」
ジョンミン「ユグナ・・・大きくならないといけないよ~」
ミノ「は~いって」
ジョンミン「俺もお前くらいのときは賢かったんだよ。俺みたいになるように育てちゃいけないよ。ちゃんとしつけなきゃだめだよ」
ミノ「はい、心配しないでください」

image_0340.jpg

テミン「SHINeeの中でやっぱり一番上手に子育て出来そうなメンバーは誰だと思いますか」
ジョンミンが考えるSHINeeベストパパは?
ジョンミン「おそらくミノが。年が上だよね?」

image_0341.jpg

満足げなミノ

テミン「はい」
ジョンミン「兄さんだからちゃんと育てなきゃいけないから」
ミノ「それではうまく育てられなそうなのは?」
ジョンミン「テミニが」
すぐに・・・テミンパパ
ジョンミン「すごく若いから。上手くなってくるよ。一緒に育ててるんでしょ?」

image_0342.jpg

テミン「テミニは上手に子育て出来ない」
もしかしてデスノート?
ジョンミン「頑張れよ。健康で賢い子に育てなきゃだめだぞ」
テミン「ありがとうございます」
ミノ「さようなら」
ギャクマン(お笑い芸人)おじさん(?)、またね~

控え室でSuper Juniorのウニョクに会います
ウニョク「こっちおいで」

image_0343.jpg

悪い人に捕まったユグン(笑)

ミノ「行くなユグナ行くな。悪い人だから」
はじめてユグンをがばっと抱きます
ミノ「ユグナ、悪い人だよ、悪い人」
ウニョク「ポッポ、ポッポ」
ミノ「やめて。ユグナ、しないでよ」
ポッポ強要(?)するウニョク
ミノ「ユグニおいで。パパのところにおいで」
とうとう泣き出しそうなユグン

image_0345.jpg

ミノ「もう~。泣きそうじゃないか、兄さん。」
真顔で
ウニョク「躾がなってないね。悲しいよ」
ミノ「兄さんのこと嫌いだと思う」
ウニョク「何が好き?」
ミノ「運動とかパワーレンジャーとか」
ウニョク「運動好き?(変な効果音)」
イトゥク「変身!」
Super Juniorショー(?)
しら~
ウニョク「パワーレンジャー」
ミノ「パワーレンジャー。ユグニ、パワーレンジャー」

image_0344.jpg

やっぱり2人似てますね^^

興味を示すユグン
ウニョク「好きみたい」
イトゥク「フラッシュマン」
(超新星フラッシュマンより)
イトゥクはフラッシュマンに変身
ウニョク「月に変わってお仕置きよ」
(勘です・笑)
もっと好きになりそうだったけど
ウニョク「まだ子供だからしょうがない。僕達Super Juniorも赤ちゃんを育てたいです。兄さんが来年作って」
イトゥク「Goodbye Baby。Hello BabyのかわりにGoodbye Baby」
ウニョク「羨ましいけど出来ませんね。僕らの名前がSuper Juniorなのに。この番組に出るためにデビュー当時から考えていたんですよ」
イトゥク「もう一人子供を育ててるって聞いたけど」
ウニョク「はい。何人か育ててます」
会話が作り話に
ミノ「何人か育てているんですか?」
ウニョク「5、6年待ったら新しいアイドルが出てきますよ」
エピソード2をSuper Juniorが夢見て・・・

ユグンが来たという知らせを聞いて来たジェシカママ
ジェシカ「こんにちは。ユ、ユグニっていうの?」
ジェシカママを見た後、ぷいっ
ジェシカ「姉さんが嫌い?恥ずかしいんでしょ?」
近づくと離れるユグン
ジェシカ「ユグナこっちおいで」
ユグン「(パパがここで待つように言ったから)」
クールに ジェシカ「じゃあね」
そんな風にあきらめちゃうの
一人残ったユグン
そのとき
ジェシカ「ユグナ、Keyパパがいるよ」
本当?
Keyパパがいると聞いてすぐに走るユグン
ジェシカ「Keyパパ。Keyパパは他のところにいるよ~だ」
騙されても笑った
ジェシカ「Keyパパに会いたい?」ユグン「うん」
ジェシカ「タメ口じゃないの?」ユグン「うん」
ジェシカ「今日ここにKeyパパいないの。うん、ここにはいない」
ユグン「Keyパパ」
その言葉(を聞いて)立ち去るユグン
ジェシカ「Keyパパはいないよ」
遊ばない!うそつき~
ジェシカ「いないよ」といって近づくも どこかへ行ってしまうユグン
ジェシカ「行きなさいよ」
ジェシカママはヒョヨンママと再び現れます
ジェシカ「不細工な姉さんがいるよ。Keyパパに似てるでしょう」
(ジェシカの発言ですからね・笑)
ぜんぜん関心がありません
ジェシカ「ユグナ、シカママだよ」
ヒョヨン「演技してる」
ジェシカ「ママって言って」
聞こえないふり
ジェシカ「シカママ」ヒョヨン「(ユグンは)聞いてないよ」
ジェシカ「シカママ」ヒョヨン「聞いてないから」ジェシカ「シカママ」
口をふさがれるジェシカ(笑)
うそつきとは遊ばないから
ジェシカ「シカママ」
ヒョヨン「何歳ですか?」
ユグンの心を変えるには?
まさかあっかんべ~(?)
ジェシカ「私みたいに出来ないでしょ?」
すっごい幼稚
ジェシカママとユグン 精神年齢が同じ
最後にユグンにポッポしようとします

後半SHINeeが出ていないためキャプがない・・・お許しを(笑)

| Hello Baby | 08:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。